代表者コラム|注文住宅の住宅設計は松尾和昭建築計画室にお任せください|福岡・九州・山口

代表者コラム

防湿用に床下に置く炭は本当に効果があるの?

建売や建材などの謳い文句で、床下に炭を入れているから床下の湿気を取り除き、マイナスイオン効果で環境が良くなると書いているのをよく目にします。そして誰しも思うことは、炭なら自然素材だから、自然素材ブームでもあるのでなんだかヨサソ、と。

マイナスイオンは実際のところ効果のほどはまだまだ研究者の間でも結論は出ていません。どうも日本だけがマイナスイオンと騒いでいるらしいですね。

 調湿効果に関しては実験データもありますし炭の専門家の見解も同様です。しかし炭だけでは湿気は取れないどころか、施工が悪かったらカビが出たり炭の生成温度が低かったら白蟻の餌になります。

炭なら何でもいいってもんではないんです。


化学物質の吸着の面では実験データーでも効果が出ているそうですが、床下の湿気の除去の面ではあくまでも補助的であって、床下の湿気の除去は防湿シートを敷きこんだほうが効果的です。

仮に床下に炭を敷くなら防湿シートの上8〜10cmの厚みで敷きこめば少々効果がありそうだという程度ですね。
その程度の効果のものにしては、この防湿用の炭は結構高価な製品です。


炭の効果を期待するのなら、化学物質の吸着の効果があるようですので壁材として炭を入れた漆喰だとか塗料も出ています。割高ですがシックハウス対策としていいかもしれません。

事例紹介

  • 新築住宅
  • リフォーム
  • リノベーション
  • コンペ
  • よくあるご質問
  • 計画室概要
  • 代表コラム

Copyright © 松尾和昭建築計画室. All Rights Reserved.

お問い合わせ