代表者コラム|注文住宅の住宅設計は松尾和昭建築計画室にお任せください|福岡・九州・山口

代表者コラム

網入りガラスは防犯に役に立つ?

建築に使われるガラスも多様になってきています。

以前からあるのはよく見る一般的なガラスに加え防火対策用の網入りガラス、割れても破片が粒形になり安全性を考慮した強化ガラス、ガラスを二枚合せ間に特殊なフィルムを挟み込んで防犯性を高めた合わせガラス、ガラスとガラスの間に12ミリ程度の間隔をとり空気を閉じ込めるか6ミリ程度にした間を真空状態にして熱が伝わりにくくした複層ガラスなど。

最後の複層ガラスは省エネ対策で利用度が高まってきています。

今回の話は以前から見られる網入りガラスです。

一般的にこのガラスには鉄網が入っているので防犯性があると勘違いされている方もおられるようですが、このガラスは室内が火災になった時、炎でガラスが飛び散らないことが目的で網が入っています。

しかしこのガラスをハンマーなどで割ると簡単に網部分は破れますので、防犯性能はゼロに限りなく近い製品です。

網が入っているから安全だということが誤解だということがこの事実からご理解いただけることでしょう。

したがって、網入りガラスでも防犯対策のためには外部には格子やシャッターなどを付けることが必要です。

この網入りガラスを使う場所は法的に防火性能を求められる開口部になりますので、これを取付ける金属建具(アルミサッシ等)にも防火性能が必要です。アルミサッシの場合、防火認定品を使うことになります。

 

事例紹介

  • 新築住宅
  • リフォーム
  • リノベーション
  • コンペ
  • よくあるご質問
  • 計画室概要
  • 代表コラム

Copyright © 松尾和昭建築計画室. All Rights Reserved.

お問い合わせ