設計事務所の選び方|注文住宅の住宅設計は松尾和昭建築計画室にお任せください|福岡・九州・山口

設計事務所の選び方

設計事務所の選ぶポイントと選ぶ上での考え方

注文住宅の建築を考えるにあたって最も重要なポイントと言えるのが、住宅設計や工事監理を担当する設計事務所をきちんと選ぶことです。
こちらでは、福岡県春日市の一級建築士事務所「松尾和昭建築計画室」が、後悔しないために覚えておきたい設計事務所の選び方や選ぶ上での考え方についてお話します。

設計事務所を選ぶ際の「軸」とは?

設計事務所選びにおいて大切にしていただきたい観点は、「気が合うかどうか」「考え方に共感・共鳴できるかどうか」。住宅設計の依頼から実際に住まいが完成するまでには1年以上の歳月を要し、その間はヒアリングやプランの修正を行うための打ち合わせを何度も繰り返します。そこで設計士と依頼者様が相互信頼を保っていけるかどうかが、住まいづくりの成功を左右すると言っても過言ではありません。

建て主様と設計事務所の間に起こるトラブルの大半は、コミュニケーション不足が原因だと考えられます。はじめは些細な行き違いでも、時間の経過とともに不信感が大きくなってしまうというのは日常の人間関係でもありがちなこと。そうして相互信頼を保てなくなると、ぎくしゃくして相談しづらくなったり「言った」「言わない」で揉めたりしてしまい、結局は満足のいく家づくりができなくなってしまいます。

これから一生の大半を過ごすことになるマイホームを建てるわけですから、気が合わなかったり考え方に共感・共鳴できなかったりする設計事務所に依頼をするのはお互いにとっていいことではありません。じっくりと話し合える設計士、自分たちの意見に耳を傾けてくれる設計士、細かいことまで丁寧に説明してくれる設計士がいる事務所を見つけましょう。

インターネットを活用した設計事務所探し
設計事務所を探す際に一般的なのは、インターネットで設計事務所のホームページを探す方法です。現在は多くの設計事務所が自社のホームページを持っているので、「自分たちの意向に沿ってくれそうか」「自分たちが実現したいポイントと『強み』が合致しているか」などをある程度把握することができます。

建築物は設計士の作品ではありません

同業者の中には自分が手がけた住まいを「自分の作品」と考える設計士もいますが、当事務所ではそのように捉えるべきではないと考えています。なぜなら、そう捉えた時点ですべてが設計士の自己満足になってしまうからです。

設計士は依頼者様へのヒアリングや現地調査をふまえて建築の構想を練り、さまざまなデザインを検討し、ご納得いただいてから図面を作成します。この設計図に則って職人が工事を進めることで、理想の住まいができ上がっていきます。そのため、発注する者(依頼者様)・設計する者(設計士)・施工する者(職人)の三者が協力し合わなければよい家はつくれません。共同作業で完成させる住まいを、自分の力でつくり上げた「作品」のように扱うこと自体、謙虚さやお客様目線の欠如の表れと言えるのではないでしょうか。

必ず設計士と話し合ってから決めましょう
設計士の考え方・スタンスを知るのに一番有効なのは、何よりも実際に会って話すことです。初対面時に受けた印象というのは、先入観がないだけに純粋な形で現れやすいもの。一般的に第一印象は結構当たっているケースも多いので、そこでの直感にしたがって決めてもよいでしょう。初回のお打ち合わせでは、自分の考えを設計士にはっきりと伝えることが大切です。

理想と現実のバランスを取るコストマネジメント能力

お金をかければかけるほど、理想は実現しやすくなります。しかし、際限なく費用をかけられる方はほんの一部で、ほとんどの方は限られた予算の中で理想の住まいづくりを目指しています。そこで重要になってくるのが、設計士の「コストマネジメント能力」です。

コストマネジメント能力は、経験によって磨き上げられていくものです。その「経験」を見抜くために、過去に手がけた事例について詳しく説明を受けてみましょう。他の建て主様から話を聞いてみるのもおすすめです。

当事務所が考えるコストマネジメント能力
  • 重要でない部分のコストを抑え、こだわりたい部分に費用をかけることで理想を実現する能力
  • 設計の段階で工事費がいくらになるのかを高い精度で推測する能力
  • 概算見積もりを受けて、建て主様の希望をなるべく叶えた上で予算内に収まるように設計を修正する能力

デザイン能力を見る際に意識すべきこと

過去の事例集などがあればそれを見せてもらい、その設計事務所が実際に手がけた住宅を訪問する機会(内覧会など)があればぜひ参加してみましょう。住宅設計には根拠やコンセプトがありますので、「なぜこのようなデザインにしたのか」といった詳しい説明を受けることができます。

注文住宅の場合は1棟1棟がそれぞれ建て主様の要望に応じてでき上がっているので、デザインをチェックする際にはあまり細かい部分にこだわり過ぎないようにしましょう。複数の建物を俯瞰的に見た上で、共通して伝わってくるイメージやコンセプトなどをキャッチすることが大切です。

よい設計を実現する工事監理能力

設計士の工事監理能力は、設計能力と同じくらい大切な要素です。工事監理とは、設計図通りに施工が進んでいるかどうかを検査・確認しながら施工品質を確保する業務のこと。図面に表せない細かい部分の仕上がりなどを職人や工務店に指示する役割でもあります。どんなによい設計でも、適切な監理ができなければ理想の住まいは実現しません。

まずは設計事務所に、どのくらいの頻度で現場監理をするか聞いてみましょう。遠隔地でない限り、平均して週1回程度のペースで監理者が現場に足を運ぶ必要があります。そして次に、施工を担当する工務店をどう選ぶか聞いてください。設計士が「自分が紹介する工務店」にこだわる場合は、馴れ合いから監理が甘くなるリスクも考えられます。こだわるようなケースでは、その理由を確認しましょう。

事例紹介

  • 新築住宅
  • リフォーム
  • リノベーション
  • コンペ
  • よくあるご質問
  • 計画室概要
  • 代表コラム

Copyright © 松尾和昭建築計画室. All Rights Reserved.

お問い合わせ